♯イタリアの旅に必要な言葉

画像
数日前にきたときもおじさんに聞いた。
「Domus Aureaは今日は見学できる?」
辞書見ながらイタリア語で。
おじさんの答えがわからなかった…。
ここでひとつ学んだことが。
イタリア語で聞いたらイタリア語で返答されるので
イタリア語がわからなければだめだったということが…。
いつ?とかどうやって?の答えをイタリア語で答えられてもわからん。



画像
☆この旅でたくさん使ったイタリア語☆
・ボンジョルノー (こんにちは)
・ボナセーラ (こんばんは)
・ブオナノッテ (おやすみなさい)
・チャオ (じゃーねー)
・グラッツェ (ありがとう)
・アリヴェデルチ (さようなら)
・アプレスト (ではまた~)
・ミスクーズィ (ちょっとすみません、ごめんなさい)
・ブオナジョルナータ (よい一日を)
・ペルファヴォーレ (please)
・ヴォレイクエスト (これください)
・ドヴェ? (どこ?)
・ドヴェイルヴァンニョ? (トイレどこですか?)
・ドヴェルッシータ? (出口はどこですか?)
・数字
画像
あとは片言の英語で乗り切れる。乗り切ろう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

take2
2006年09月08日 07:27
どこの国でも
アリガトウ、ゴメンナサイ、コンニチハ
を意味する3つの言葉と
片言の英語で乗り切れるよね・・笑

ちなみに台湾では
・ガムシャーリ(ありがとう)
・パイセー(ごめんなさい)
・リーホー(こんにちは)
nori
2006年09月08日 10:52
すごいねー
言葉って。

ボンジュール(こんにちは)
ボンソワ(こんばんわ)
メルシィ(ありがとう)
オゥバール(さようなら)
私もいつの日か使いに行って見たいな。
sawa
2006年09月11日 00:54
>take2-san
台湾行ったときにぜひぜひ使ってみますっ。

>nori-chan
おぉ。フランス語。
もうすぐやってくるフランスで使ってみよー。
他に覚えておくといい言葉あり?
take2
2006年09月14日 02:37
ニイハオやシェーシェとか
中国語を知っているいるひとはけっこう多いけど
台湾語を知っている人は少ないので
現地で使うと台湾の人たちはビックリします。
そしてすごく喜んでくれます。
まさに魔法の言葉です。
ぜひ使ってみてください。
なお、いきなりつかうと???になることが多いので
「ガムシャーリ、ガムシャーリ」と2回続けて使うと
伝わりやすいし、意味もていねいになります。
sawa
2006年09月14日 21:22
>take2-san
ガムシャーリは2回続けてですね。
了解!
早く使うときこないかなー。

この記事へのトラックバック