ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

tanaP
2008年08月02日 11:10
Part 1の方と比べて、やはりと思うのは
夕日といえども、まだ沈むまでは太陽というのはかなり明るくて
それを写真に撮るとなるとかなり難しい
ってこと。
こっちの方が、光が治まっているので安定して見えるよね。
2008年08月02日 12:47
次の国は帰る国。
2008年08月02日 13:38
>太陽は次の国の朝のために・・・
そうなんですね。どこで見る太陽も同じ太陽・・・。
2008年08月02日 21:04
日の入りから夜景に変わる瞬間はどこにいても最高の時間ですな~
sawa
2008年08月03日 17:16
>tanaP-san
太陽は難しいですねー。
確かにこちらの方が光がおさまってみえます。
夜の力が太陽を抑えてる?
sawa
2008年08月03日 17:17
>森の生活san
あと何日か後には
この太陽を追いかけて
帰ることになるのですね~。
sawa
2008年08月03日 17:17
>湖のほとりから・・・san
太陽も月もおなじのはずなのに
少しずつ違って見えるのが
なんだかとっても不思議です。
sawa
2008年08月03日 17:18
>やしsan
この瞬間を
どうにかとどめておきたいのに
どんどんと沈んでいく太陽。
待ってー!
と手を伸ばしそうになります。
2008年08月05日 20:12
この時間帯が実は一番好きです。
名残惜しそうにみえる夕焼け色の空が、周りから青さが増していくように見えますね。
どこの国でも同じはずなのに、やっぱり素敵に見えますね~♪
sawa
2008年08月07日 23:05
>おばブーsan
この時間帯本当に美しいですよね。
毎回同じ色が実は一度もない。
そんな自然の神秘の時間です。

この記事へのトラックバック