テーマ:ニューヨーク

#粒粒の生活

整理された道路。 この小さな粒粒の住宅の中に 何万人の人々が生活をしているのだろう。 そしてさようならニューヨーク。 アメリカ大陸を東から西へ。 次はサンフランシスコに向かう。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#青く丸い地球

大きな大きな川が海へ向かって流れている。 地球は青く水平線は弧を描く。 ニューヨークは思ったよりも畑が多い。 トウモロコシ畑だろうか? それともポテト畑だろうか?
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

#遠くへ遠くへ

この光景を見ると 行きでも帰りでも 遠くへ旅立つ気分になる。 空飛ぶ乗り物に乗って 遠くへ遠くへ…。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

#さよならニューヨーク

さよならニューヨーク。 大きな銀色のぴかぴかした ビルが乱立する鮮やかな街。 人々が歩くスピードは速く 裏路地は少し怖い。 鮮やかで華やかでエネルギッシュな街。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

#駅のタイル

駅名を示すタイルは美しく SOHOの街は華やかで明るい。 小さなお店群は個性豊かで 見ているだけで楽しくなる。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#ガラスの境界線

ショーウィンドウには カラフルな商品の世界と ガラスを隔てた現実の世界。 親子は手をつないで通りを渡っていった。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#音の色

鮮やかで刺激的な色たちが 見えないニューヨークの音を運んでくる。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#拍手の波

人混みをかき分けて覗き見ると 楽しそうなパフォーマンスが行われている。 メトロポリタン美術館前。 素晴らしい舞台だ!
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#絵画の迷路

絵画の部屋は広い。 どれを見たかすでに定かではない。 ここにはさっき来たかもしれない。 あぁ、芸術の迷路の中で 出口を見つけられない。
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#ある騎士との会話

「重そうですね」 「いや慣れてるからね。」 「馬もですか。」 「そうだね。君は薄着だね。それじゃすぐ槍が刺さっちゃうよ。」 「そうですね。でも首と腰が弱いので  姿勢が傾いた瞬間に重さで折れちゃうかも。」 「でも命を守るためだよ。」 「どちらにせよ首が折れたらね…。」 「ま、好きにしなよ。」
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#ある彫刻との会話

「いつから座っているのでしょう。」 「もう数千年も前からになりますね。」 「そうですか。腰は痛くなりませんか。」 「姿勢はいいからね。」
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#儲かる屋台

NYの屋台は権利代を州に支払っていて ここ、メトロポリタン前はその権利代が 1年で3,800万円とのこと。 ちなみに先ほどの自然博物館前が年間2,400万円。 ハーレム内が年間7万円。 そしてメトロポリタン前のホットドッグは1個240円。 ハーレム内では1個150円。 さて、メトロポリタン前では年間で何人の人が…
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

#セントラルパークを越えて

セントラルパークを横切って向こう側に出よう。 森が深くところどころにある芝生の陽だまりが 「お昼寝しにおいでよ」と呼んでいる。 呼んでいるのはリスか? 向こう側が近付くにつれ、人々が増えてきた。 みなどこにいたのだろう?
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#不思議な感覚

恐竜に囲まれ、 動物たちに囲まれ、 海洋生物に囲まれ 違う世界にいた気分になっていて なんだか頭がぐらぐらする。 現実の社会が不思議な気分。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

#イカを超えて

巨大なイカが頭上を舞う。 暗闇から明るい世界へ。 そろそろ出口。 楽しかったぞー! また来る!
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

#クジラ飛ぶ

巨大なクジラが飛ぶ部屋。 人々はなんと小さな生き物なのか。 ※BANANA FISHにも出てきた部屋。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#斬新な展示

蝶は天井に舞い上り さまざまな動物たちが 壁を彩る。 斬新な展示。 思わず立ち止まり見入ってしまう。
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

#迫力のアフリカの動物

まるで生きているような 呼吸をしているような迫力。 ゾウたちの周りは 1階と2階と360度 生き生きとした動物たちが わたしたちを別の国に運んでくれる。
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more